Q.電子記録債権の会計処理はどのようになりますか?

Q.電子記録債権の会計処理はどのようになりますか?

A.電子記録債権は、紙媒体ではなく電子記録によるものなので、手形債権とは厳密には異なりますが、手形債権の代替として機能することが想定されています。
従って、会計処理上は、今後も並存する手形債権に準じて取り扱うこととされています。
ただし、表示科目は、重要性が乏しい場合を除いて「電子記録債権」「電子記録債務」という勘定科目を使用します。
(電子記録債権に係る会計処理及び表示についての実務上の取扱い)

  • 最終更新:2014-02-16 15:50:10

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード