Q.生命保険金を受け取った場合はどのような税金が課税されますか?

Q.生命保険金を受け取った場合はどのような税金が課税されますか?

A.生命保険料の支払を誰が行っていたかによって、課税される税金が異なってきます。

保険料を負担していた人が生命保険金を受け取った場合は、所得税が課税されます。
一時金で受け取った場合は一時所得、年金で受け取った場合は雑所得となります。

保険料を負担していない人が、満期や解約又は被保険者の死亡により、生命保険金を受け取った場合には、保険料を負担した人からその生命保険金の贈与があったものとされますので、贈与税が課税されます。

被保険者の死亡により受け取った生命保険金のうち、被保険者が保険料の負担者となっていたものについては、相続財産とみなされますので、相続税の対象となります。


  • 最終更新:2014-02-21 00:01:35

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード