Q.不動産を購入した時の付随費用はどのように処理しますか?

Q.不動産を購入した時の付随費用はどのように処理しますか?

A.その付随費用の種類によって下記のように処理します。

1.不動産業者への仲介手数料
2.未経過期間分の固定資産税の清算
→固定資産の取得のために要した費用なので「固定資産の取得価額」に含めて処理しなければなりません。

3.登記費用と登録免許税
4.契約書用収入印紙
5.不動産取得税
→固定資産の取得価額に含めず、支払い時の費用として処理することができます。
ただし、取得価額に含めないことが「できる」という規定なので、これらの費用を取得価額に算入するかどうかは法人ごとに判断することができます。

【参考】法人税法基本通達7-3-3の2

  • 最終更新:2014-03-18 15:55:32

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード